2012年06月29日

ipodの接続ケーブルをつくりました

先日ipodの接続ケーブルをつくりました。
きっかけは、ipodのヘッドフォンアウトからステレオミニケーブルを
使ってコンポにつなぐよりDOCを使ったほうが音がいいという話を
聞いたからです。
 
今回は、DOCというよりUSBケーブルをつなげてパソコンと同期をとる
コネクタ
からミニステレオ−RCA変換ケーブルを使ってコンポに
つなぐようなケーブルを考えてみました。

さっそく
ネットで情報を集めると実際に製作したという書き込みが
いくつかみつかりました。
それらの情報を参考にして作ってみましたよ

ipod_1.jpg

普通に音声を取り出すL,R,GNDだけではなく抵抗を
つなげるところが今回のポイントですね。

ちなみに、ピン間隔がけっこう狭くて。ちょっと手ごわいです。
よく見えないし。。。。
ネットの書き込みでは、「いらないピンは抜いちゃう」
というワイルドな話もありました。

ipod_2.jpg

仕上がりはこんな感じです。ミニステレオコネクタを
つなげるため全体的には短めに作っています。

ipod_3.jpg

実際に使うとこんな感じになります。

確かにヘッドフォンアウトから出力を取るのとは、ちょっと

音が違いますね。いい感じです。

ただしこの場合はiPod本体でのボリューム操作はできなくなっています。

ま、コンポのボリュームをリモコン操作するので問題ないですけれどね。

柳沢

posted by ネットワーク株式会社 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。